運転免許の取得、合宿ってどう?

本当にいいことばかり?デメリットを押さえよう

自分の学習ペースや生活にあってる?

合宿で免許を取得する際は、最短では2週間というスパンで勉強することになります。
自分のペースで学習したいという人は、詰め込み型の合宿スタイルだと中々のハードスケジュールです。
特に筆記の場合は暗記する部分も多く、「短期間で覚えるのは苦手…」という人には辛く感じるかもしれません。

また、多くの場合は自分の住み慣れた町ではない場所で実技を行うため、実際に免許を取得した後の運転では、練習をした道と違って難しいと感じる場合もあるでしょう。
特に合宿で運転免許を実施している教習所は田舎にある場合が多いので、交通量が少なかったり道が広いなど比較的運転しやすい環境にありますが、住んでいるところが都会の場合は、交通量や道の数、一方通行など道路標識も比べ物にならないくらい多いので、取得後に苦労するかもしれません。

冬になると積雪のある・なしも関わってくるので、運転する環境も検討した方がベターです。

早めの計画が必要

合宿での免許取得は連続してスクールに通うことになるため、最低でも14日間のまとまった休みが必要になります。そのため、仕事や学校の兼ね合いなど事前にスケジュール調整が必要になってきます。

特に春休みや夏休みの期間は教習希望者が殺到するため、早めに予約を取らないと枠がなくなってしまう…といったこともあるので、合宿での免許取得を決めた場合は早めに申し込むのがオススメです。
このような人気シーズンは料金も割高になることが多いので、価格を抑えたいと考えている人は季節による価格設定にも注意した方がよいでしょう。逆にオフシーズンには割引料金が適用される場合もありますよ!
ちなみにオフシーズンは4〜6月、10〜12月頃と言われています。スケジューリング次第では教習所の空いている環境で通えるという利点もあるので、うまく活用すればメリットにもなります。


この記事をシェアする