ベビーマッサージを効果的にする方法

ベビーマッサージは赤ちゃんだけでなく、ママにもリラックス効果のあるスキンシップ方法。事前にしっかり準備をして、赤ちゃんと楽しい時間を過ごせるようにするのが一番重要です。そこで、ベビーマッサージの準備とやり方を紹介しましょう。

ベビーマッサージの準備

ベビーマッサージを行う場合、重要なのは部屋の温度。

赤ちゃんは裸になるので、少し暖かめの室温にしておきます。

そして、タオルやオイルを準備しておきましょう。

テレビなどは消し、静かで落ちついた環境を整えます。

重要なのは、ママの手をあたためておくこと。

ママの手が冷たいと、それだけで赤ちゃんは驚いてしまい、落ち着くことができません。

女性は冷え症の人が多いので、注意しましょう。

ベビーマッサージの効果的なやり方

ベビーマッサージを始める前には、赤ちゃんを仰向けに寝かせます。

そして、赤ちゃんの目をしっかり見て、マッサージを始めることを伝えましょう。

ママの手にたっぷりオイルをつけ、少しオイルを温めたら、マッサージスタート。

マッサージの順序は足→おなか→腕→背中とおしりの順。

・足のマッサージ
どちらかの足の太ももからスタートし、足首までをやさしくなでたり軽くもむようにします。
もう1方の足も同じように足首までマッサージしたら、最後に親指の腹で足の裏を軽く押すようにマッサージしましょう。

・おなかのマッサージ
おなかに手を当てたら、時計回りに優しくなでていきます。
おなかは特にデリケートなので、あまり力を入れすぎないよう注意しましょう。
便秘がちな赤ちゃんには、おなかのマッサージを重点的に行います。

・腕のマッサージ
まず両手をそれぞれ脇の下に当て、人差し指と中指で円を描くようにし、リンパを刺激します。
そのあと、肩からスタートして、手首までを優しくもんでいきましょう。

・背中とおしり
背中とおしりのマッサージの時は、赤ちゃんをうつぶせにして行います。
両手のひらを背骨に対して直角になるように置き、交互に両手を前後させて、おしりまでやさしくマッサージします。

その後、両手の指の腹をつかって、お尻をくるくるとなでるようにしましょう。

マッサージが終わったら、赤ちゃんをゆっくり優しく抱き上げ、マッサージが終わったことを伝えてあげましょう。

ベビーマッサージを行う時は、無理をしないのが大切。

赤ちゃんの機嫌が悪くてぐずり始めた時などは、すぐにやめるようにしましょう。