ベビーマッサージオイルの選び方、刺激の少ないものを選ぼう

ベビーマッサージをする際には、マッサージの摩擦による肌への負担を少なくするため、オイルを使用します。
しかし赤ちゃんの肌はデリケートなもの。オイルはどのようなものを使ったらよいのか、迷ってしまうママも多いでしょう。そこで、ベビーマッサージオイルの選び方と使用の注意点を紹介しましょう。

ベビーマッサージオイルの選び方

ベビーマッサージ用のオイルは、ベビー用として販売されているオイルであれば何でもよいかというと、そういうわけでもありません。

ベビー用として販売されているオイルには大きく分けて二種類あります。

それはミネラルオイルと植物性のオイル。

ミネラルオイルは肌を保護するために使用するもので、おむつ替えの時などに塗るのに適しています。

しかし、ベビーマッサージの場合には植物性のオイルの方がおすすめ。

全身に使用するため、手や顔にもついてしまい、赤ちゃんの口に入ってしまう可能性もゼロではありません。

そういったことを考えると、植物性のオイルを選んでおいた方が安心です。

植物性オイルの中でベビーマッサージ用としておすすめなのは、ホホバオイル、マカダミアナッツオイル、オリーブオイルなど。
そういった植物性オイルの中で、ベビー用として販売されている無添加のものを選びましょう。

ベビーマッサージオイルを使用する際の注意点

ベビーマッサージ用オイルを使用する際、いきなり大量のオイルを塗るのではなく、最初は少量を赤ちゃんの肌につけてみて様子を見てからマッサージを行いましょう。

赤ちゃんによっては合うオイル、合わないオイルがあるかもしれないため、パッチテスト的な事をしておくのがおすすめです。

また、無添加のオイルは酸化しやすいという欠点があります。

オイルによって日持ちなどは違いますが、オリーブオイルなどは酸化が進みやすいため、開封後1~3ヶ月程度が目安。

ホホバオイルやマカダミアナッツオイルは、比較的酸化しにくいオイルですので、開封後1年程度は使用できます。

しかし、混合のオイルなどでは使用期限も異なるため、必ず使用するオイルのパッケージなどを確認し、使用期限を守りましょう。